スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

製造所などの位置構造設備の基準〜製造所の位置構造

製造所などの位置構造設備の基準〜製造所の位置構造

製造所などの位置構造設備の基準〜製造所の位置構造
 
1)製造所などはその設備が火災などの事故を発生しやすい性質から、保安距離を保つことが義務付けられている。その距離は建物によって違う。たとえば重要文化財などの、国のかけがえのない財産などからは50メートル以上の距離が必要になる。

たの施設に関しては、―撒鑞僂侶物から10メートル以上、高圧ガス施設からは、20メートル以上小学校、中学校、高校及び病院、映画館などの大勢の人が集まる施設からは、30メートル、て段鵡皸飢誘電線で(7000V〜35000V)の場合、水平距離で3メートル以上、特別高圧架空電線で(35000Vを超える場合)5メートル以上にわかれる。

2)保有空地危険物施設では、火災の際の消火作業に必要な空地を一定以上の指定数量に達する場合も受けなければならない。この空地には箱や自転車などの備品を置くことが禁止されている。 保有空地は、指定数量の倍数が10倍以下の場合3メートル以上 指定数量の倍数が10を超える場合は5メートル

3)不燃材料と耐火構造の違いについて不燃材料とは、火災が発生しても燃えることがない材料です。材質としては、コンクリート、れんが、石綿板、鉄鋼、モルタルそして、アルミニウムです。耐火構造は、火災が発生しても一定時間燃えることなく消防車が到着まで持ちこたえる構造のものです。通常消防車は主要建物などへ、1時間30分以内に到着できる感覚で設置していますので、その時間を連絡から燃えることなく耐える構造の建物です。 【送料無料】うかるぞ乙四危険物取扱者

at 21:32, kohizuka17, 法令のポイント

-, -, - -

危険物施設保安員〜

危険物施設保安員〜

危険物施設保安員〜

1)危険物施設保安員について危険物法令において一定量の危険物を貯蔵取り扱う場合は、危険物施設保安員を選任さることが義務付けられている。この危険物施設保安員については、資格は必要なく、所長村長に届け出なくても良いので、会社内で担当者を決めておけばよい。

2)予防規定について予防規定は、一定数量以上の危険物を取り扱う施設、貯蔵所において事故が発生しないように予防に関するチェック事項が決められている。この予防規定が決定したら、市町村長などに「認可」を受けなければない。

【予防規定の内容】

危険物の保安にかかる作業に従事する者に対する「保安教育」 危険物の保安のために「巡回・点検&検査」 危険物施設の「取扱作業の基準」 危険物施設の「運転&捜査」に関すること。 危険物等の「補修方法」などに関すること。

2)定期点検について製造所などにおいては、危険物施設の貯蔵量、取扱量によって、定期点検を決めておかなければならない。この定期点検は、車の車検に類似しており、一定期間のうちその設備に不備があったり、壁にひびが入るなどを未然に防ぐ意味で義務付けられている。車の点検は、2年に1度ですが、製造所などでは、1年に1回の点検が義務付けられている。そして、定期点検の書類に関しては、過去3年間は、その営業所において保存しなければならない。
 
【送料無料】乙種12356類危険物取扱者模擬テスト

at 21:31, kohizuka17, 法令のポイント

-, -, - -