<< 危険物取扱主任者乙種4類の勉強指定数量 | main | 危険物取扱者乙種4類勉強消化予防 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

危険物取扱主任者乙種4類試験、指定数量2

危険物取扱主任者乙種4類試験、指定数量2

危険物取扱主任者乙種4類の法令の中に指定数量という項目があります。法令の中では数少ない研鑽問題です。しかし必ず出題されますので合格の為には必ず抑えておきましょう。計算問題は、分数の足し算です。

ですので、ちゃんと分母に指定数量そして、分母にその製造所の貯蔵量が来ることがわかれば答えを導くことが出来ます。

そのためには、政令別表3の危険物ごとの指定数量を暗記しておくことが大切です。たとえば、第一石油類(ガソリン)=200L、そして、第二石油類(灯油・軽油)=1,000L、第三石油類(重油)=2,000Lということを理解しないと答えを導くことが出来ません。

数回勉強し計算問題をするとなれますので、ぜひやって見て下さい。そしてこの指定数量の数によって利用する法令が違います。

1以上なら「消防法」それ以下なら「市町村条例」です。法令問題の全般のポイントになるのでしっかり覚えましょう。

at 19:23, kohizuka17, 危険物取扱者乙4問題

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 19:23, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://kikenbutsu4.jugem.jp/trackback/9