<< 危険物取扱者消火予防対策 | main | 危険物について出題箇所 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

製造所の区分〜危険物取扱者

製造所の区分〜危険物取扱者

製造所の区分〜危険物取扱者
 
1)製造所の区分について指定数量以上の危険物を貯蔵したり、取り扱う場合は製造所、貯蔵所、取扱所と3つに区分に分類される。 製造所貯蔵所→屋内貯蔵所、屋外タンク貯蔵所、屋内タンク貯蔵所、地下タンク貯蔵所、簡易タンク貯蔵所、移動タンク貯蔵所、屋外貯蔵所取扱所→給油取扱所、販売取扱所、移送取扱所、一般取扱所
 
2)申請・認可・許可等の手続 この項目は、市町村長等に手続きをする場合取り扱う内容によって依頼が違ってきます。許可、承認、検査、認可、届出に別れますが、危険性が高い度合によって変わってきます。危険性の高さによって、 峙可」である、製造所などの設置、変更。⊂鞠Г任△襦∪渋そ蠅覆匹慍消蔵・仮取扱い、仮使用「検査」完成検査前検査でР弔任△襦∪渋そ蠅覆匹悗陵祝謬定。テ禄个任襦∪渋そ蠅覆匹両渡届出、指定数量の変更、廃止、危険物取扱管理者の選任解任などに別れる。

3) 危険物取扱者免状の区分:危険物取扱者は大きく3つの種類に分かれる。これは、甲種、乙種、丙種である。甲種にかんしては大学の単位などが必要となるが、乙種、丙種はだれでも取ることができる。乙種に関しては、6種に分かれており、その危険物の性質から、「酸化性固体」「可燃性固体」「自然発火性物質及び禁水性物質」「引火性液体」「自己反応性物質」「酸化性液体」に別れる。甲種はすべての取り扱いができ、乙種は各性質に応じて取り扱いでできる。ともに立会人として他の人に取り扱いをさせることができる。ほかにも、丙種は、ガソリン、灯油、軽油、重油、第4石油類、動植物油類のみ自分で取り扱うことが出来る。
 
乙種第4類危険物取扱者スピードテキスト

at 21:27, kohizuka17, 法令のポイント

-, -, - -

スポンサーサイト

at 21:27, スポンサードリンク, -

-, -, - -