<< 製造所の区分〜危険物取扱者 | main | 製造所の区分〜危険物取扱者 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

危険物について出題箇所

危険物について出題箇所

危険物について出題箇所
 
1) 法令、危険物の定義〜指定数量消防法で、危険性を有する物質のうち、法別表第1の品名を指定している。危険物は、化学的・物理的性質により、第1類から第6類まで6つの性質に分類されており類ごとに便名を指定している。引火性液体とは、1気圧において常温(20度)で液体の状態のものを指す。

2) 指定数量指定数量とは、危険物についてその危険性を勘案して別表第3で定める数量と規定さている。*危険物の政令別表第3において、第4類 特殊引火物〜動植物油類の指定数量を暗記しておく。指定数量の計算は、政令別表第3の指定数量の数字が分母となり、各製造所などの貯蔵量が分子として計算した数となる。

【例】Aガソリンスタンド、200リットル貯蔵している。政令別表3にてガソリンは第1石油類非水溶性に該当しますので、200リットル。 200L/200L=1(指定数量)3) 危険物の法体系危険物の取り扱う指定数量に関してはその取り扱う量によって、法体系が違っていおり、指定数量が、1以上の場合は「消防法」となり1未満の取り扱いの場合は「市町村条例」となる。貯蔵・取り扱いの基準は、指定数量以上の危険物の貯蔵・取扱いは、貯蔵所以外の場所でこれを貯蔵所以外の場所で取り扱ってはならない。
 
【送料無料】わかりやすい!乙種1・2・3・5・6類危険物取扱者試験

at 21:25, kohizuka17, 法令のポイント

-, -, - -

スポンサーサイト

at 21:25, スポンサードリンク, -

-, -, - -