<< 危険物取扱者の合格点第二編物理化学! | main | 2010年 危険物状況 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

危険物取扱者の合格点第三篇!

危険物取扱者の合格点第三篇!

 危険物取扱者乙種4類合格には、3つの項目がありますが第3編のテキストの内容は、「危険物の性質ならびにその火災予防及び消火の方法」では、危険物取扱者乙種4類に該当する危険物を理解しなければなりません。

しかしその種類は多岐にわたりポイントを押さえることが大切です。たとえば「ガソリン」ですが、ガソリンは点火源がある場合何度から火がつくのか?

これを「引火点」といいます。正解は−40度です。次に「ガソリン」は点火源がない場合、火がつく温度は何度か?正解は300度です。

これを「発火点」といいます。他にも大切な知識で、「燃焼範囲」もあります。

燃焼範囲とは、空気と交わるガソリンの割合で、その割合であれば、「点火源」があると燃焼する割合です。ガソリンの場合「1.4〜7.6%」です。

少ない燃料で燃焼するのです。ですのでガソリンは「第1石油類」として危険性が高いと考えられます。

at 19:16, kohizuka17, 消化方法

-, -, - -

スポンサーサイト

at 19:16, スポンサードリンク, -

-, -, - -