<< 石油を原料に作られる危険物、プロパンガス | main | 危険物取扱者勉強、スレンレスを錆びさせるヘアピン >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

電池の長持ちのさせ方と危険物

電池の長持ちのさせ方と危険物

 文明は発達しても「電池」は持ち運びの便利さもあり重宝されますね。

この電池もいろんな種類があります。最近人気は「リチウム」電気で、携帯電話の充電にも一役買っています。

さて電池の長持ちのさせ方ですが、電池は熱のなって放電するのであまり暖めない方がよいです。たとえば懐中電池ですと、1本でなく並列で2本が多くありますね。

これは単独で1本使うより並列で2本の方が長持ちします。

電池は少しずつ出す方がお徳なのです。2本からだと1本の半分のエネルギーで出力しますので、少しずつ出すことで長持ちするのです。こんなとこにも、危険物の知識が活かされています。

at 20:02, kohizuka17, 危険物取扱者乙4の魔力

-, -, - -

スポンサーサイト

at 20:02, スポンサードリンク, -

-, -, - -