<< 危険物取扱者乙種4類取得の試験内容 | main | 危険物取扱者乙種4類勉強方、概要 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

危険物取扱者試験勉強内容

危険物取扱者試験勉強内容

危険物取扱者試験は、各都道府県により年間受験回数が違います。

東京が一番多く、他の都市になると、年間1回又は、2回くらいです。

試験は、まず危険物取扱者試験では、丙種が第一関門となります。内容は、危険物に関する法令が10問、燃焼及び消火に関する基礎知識が、5問そして、危険物の性質ならびに、その火災予防及び消火の方法、10問です。主にガソリンスタンドや空港で働く危険物が中心となり、引火性液体より、ガソリン、灯油、軽油、重油、潤滑油、動植物油類について、問われます。

内容は、不測の事態である、火災のときにどのような処置をすればよいのかがポイントになります。

ガソリン火災に水で消火できるかなどが、問題の中身です。ためしに水で消すことは出来ると思いますか?正解は「×」です。

これは液比重関係で、丙種の危険物は水より軽い油類なので水で消そうとすると、水が油に沈み、水が床を這う際に水の広がりによって、油についた火が広がってしまい更に、火災領域が増えてしまいます。

at 21:12, kohizuka17, 危険物取扱者乙4勉強

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 21:12, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://kikenbutsu4.jugem.jp/trackback/4