<< 危険物取扱者乙4資格試験合格基準について | main | 危険物取扱者試験費用はいくら? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

危険物取扱者試験資格の種類

 

 

危険物取扱者試験資格の種類

 

危険物取扱者と一口にいっても受験するには種類が沢山あります。まずは自分の仕事に役立つ取り扱う危険品目を確認することが大切です。受験資格は特にありませんが、甲種は、大学の科目を勉強など規定があります。そのほかは、性別から国籍まで差別はありません。

 

この資格は、ガソリンスタンドなどで、危険物の性質や消火法、法規制などについての知識を持ち、危険物の貯蔵や取り扱いや、その指示ができる人のことをいいます。

 

製造所など・一般貯蔵所・一般販売所など(移送タンクローリー、運搬、危険物を扱う科学工場など、そしてサービスステーション)で危険物取扱者の法令によると取り扱いを行う場合は、必ず危険物取扱者自身が行うか、危険物取扱者が作業に立ち会うことが原則となります。

 

危険物取扱者の資格種類は、甲種、乙種(1〜6)そして、丙種の3種類に分かれており、甲種は、酸化性液体、可燃性固体、禁水生物質・引火性液体・自己反応性物質・酸化性固体の(第1類〜第6類)すべての険物の取り扱いと立ち会いをすることができます。甲種については大学の科目を取得するなど受験するのに一定の条件があります。

 

乙種は、第1類〜第6類で試験免状を取得している類の危険物の取り扱いと立ち会いをすることができ、受験に関して資格はありません。

 

丙種については、ガソリン・軽油・灯油・重油・ギアー油・動植物油類などで指定された危険物の取り扱いのみができます。そして受験資格はありません。

 

 

at 17:05, kohizuka17, 危険物取扱者乙4勉強

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 17:05, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://kikenbutsu4.jugem.jp/trackback/19