<< 危険物取扱者乙種4類法令問題 | main | 危険物取扱者乙種4類勉強製造所 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

危険物取扱者乙種4類勉強消化予防

危険物取扱者乙種4類勉強消化予防

危険物取扱者乙種4類の勉強で第四編は、消火予防です。これは危険物乙種4類の危険物に関する火災をいかに消火するかを勉強します。

油火災の予防で大切なことは、静電気で火事になることです。たとえば巷によくある危険物施設は、ガソリンスタンドです。

ガソリンスタンドでは主にガソリンが利用されますので、静電気が一番危険です。制服も静電気がおこりづらい製法になり、靴も除電靴です。ガソリンスタンドで特に静電気に気をつけていることは、ガソリンホースの出口で、金属ですが、静電気が発生しないようになっています。

車のガソリンを注入するところも静電気が出来ずらい工法になります。ほかにも特徴としては、蒸気が燃焼する引火性液体が多くあり、その蒸気は空気より重いために、床を這って溜まります。たとえばガソリン蒸気は空気の3倍から4倍の重さがあります。

室内で特に火気を使う場合など気をつけましょう。そして、蒸気を吸引しない為には、高いところにいることです。たとえば閉じ込められた場合は、2階もしくは、机の上などの方が安全です。

危険物から火災を防ぐ為には、まず引火性液体の全体的な危険性を理解することが大切です。

at 19:02, kohizuka17, 危険物取扱者乙4勉強

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 19:02, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://kikenbutsu4.jugem.jp/trackback/12