スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

危険物取扱者乙種4類法令問題

 

危険物取扱者乙種4類法令問題

 

 

問題

製造所の位置、構造及び設備の技術上の基準としてタンク容量制限があるがその容量について、次のうち誤っているのはどれか?

 

 

 

.ソリンを移送する移動タンク貯蔵所・・・定められてない。

灯油を貯蔵する屋外タンク貯蔵所・・・20,000L

製造所の地下貯蔵タンクの容量・・・定められてない。

    移動タンク貯蔵所のタンク容量・・・30,000L

 

正解

 

問題
製造所等において危険物の取扱いについて、次のうち正しいものはどれか?

 

ヾ躙栄取扱者以外のものが危険物を取り扱い場合には、指定数量未満であっても、甲種危険物取扱者又は当該危険物を取扱う事ができる乙種危険物者の立会いが必要です。

∪渋そ蠹の所有者の指示があった場合は、危険物取扱者以外の者でも危険物取扱者の立会いなしに、危険物を取扱うことができる。

J瑳鏨躙永取扱者が立ち会うことが出来ない。

ぬ半の交付を受けている者は、指定数量未満であればすべての危険物を取扱うことが出来る。

 

正解

 

at 19:04, kohizuka17, 危険物取扱者乙4問題

-, -, - -

危険物取扱者乙種4類法令問題

 

危険物取扱者乙種4類法令問題

問題

第3種消火設備に該当しないものはどれか?

 

‘鷸晴獣坐脳嘆仞瀏

▲好廛螢鵐ラー

ハロゲン化物消火設備

な緩消火設備

 

正解

 

 

問題

保安距離(住居・学校・病院などの距離)及び保有空き地の規制を受けない製造所などはどれ?

 

^貳娘莪圭

∪渋そ

2鯵哀織鵐貯蔵所

ぢ茖下鑒稜篌莪圭

 

正解

 

 

問題

移動タンク貯蔵所から運搬容器への詰替えは原則として認められないが、注入ホースの先端部に手動開閉装置を備えたノズルならは、詰替えが行える危険物は次のうちどれか?

 

‐忙

過酸化水素

メチルアルコール

づ油

 

 

正解

 

at 19:02, kohizuka17, 危険物取扱者乙4問題

-, -, - -

危険物取扱者乙種4類法令問題

 

 

危険物取扱者乙種4類法令問題

 

 

問題

同一の屋内貯蔵所で次の危険物を貯蔵している場合、指定数量の何倍となりか・・・

 

重油200L入りの鉄鋼ドラム660

灯油200L入りの鋼鉄ドラム  50

ガソリン18L入りのブリキ缶 250

 

 

。械映

■械鞠

35.5

39.1

 

正解

 

 

問題◆

屋内貯蔵所において、引火性液体A4,000Lを貯蔵している。Aは水溶性で、1気圧において発火点が300℃、引火点が−40℃である。ここに貯蔵されているAの指定数量の倍数として、次のうち正しいのはどれか?

 

    20

    25

    30

ぁ。械

 

正解

 

 

 

 

問題

品名、物品名及び指定数量の3つの組み合わせで、次のうち誤っているのはどれか?

  

品名     物品名    指定数量

‘端谿火物 ジエチルエーテル   50L

第2石油類 アセトン   2,000L

B茖垣侈類 重油     2,000L

アルコール類  メチルアルコール  400L 

 

正解

at 19:01, kohizuka17, 危険物取扱者乙4問題

-, -, - -

危険物取扱主任者乙種4類試験、指定数量2

危険物取扱主任者乙種4類試験、指定数量2

危険物取扱主任者乙種4類の法令の中に指定数量という項目があります。法令の中では数少ない研鑽問題です。しかし必ず出題されますので合格の為には必ず抑えておきましょう。計算問題は、分数の足し算です。

ですので、ちゃんと分母に指定数量そして、分母にその製造所の貯蔵量が来ることがわかれば答えを導くことが出来ます。

そのためには、政令別表3の危険物ごとの指定数量を暗記しておくことが大切です。たとえば、第一石油類(ガソリン)=200L、そして、第二石油類(灯油・軽油)=1,000L、第三石油類(重油)=2,000Lということを理解しないと答えを導くことが出来ません。

数回勉強し計算問題をするとなれますので、ぜひやって見て下さい。そしてこの指定数量の数によって利用する法令が違います。

1以上なら「消防法」それ以下なら「市町村条例」です。法令問題の全般のポイントになるのでしっかり覚えましょう。

at 19:23, kohizuka17, 危険物取扱者乙4問題

comments(0), trackbacks(0), - -

危険物取扱主任者乙種4類勉強、引火性液体とは

危険物取扱主任者乙種4類勉強、引火性液体とは

 

危険物取扱主任者乙種4類勉強、引火性液体とは?まずは乙種4類の危険物の特性について学びます。引火性の液体とは?考えてみるとたくさんありますね!

ガソリン・灯油・アルコールなどがよく知られています。しかしそのなかにも規制がありまず、20度において液体のものに限ります。

火が付くものでも固体のものは該当しません。たとえばロウソクは火がつきますが固体ですから該当しません。他にも動物性脂油で、バターなどがありますがこれは通常の温度で固体ですから、危険物取扱主任者乙種4類の種類には該当しません。

こんなふうに危険物取扱主任者乙種4類に該当するか?しないかについて理解します。危険物にも危険性の度合いが明らかに強いもの弱いものがあります。

たとえばガソリンは、引火点がマイナス40度ですので、雪が降る寒い場所でも火の気があればすぐに火がつきますが、灯油は引火点が40度なので、そう簡単には火がつきません。

灯油は、コップについで、火のついたマッチを投げ込んでも火がつくことはありません。このように状況に合わせた危険性を理解することが大切です。

 

at 18:17, kohizuka17, 危険物取扱者乙4問題

comments(0), trackbacks(0), - -