スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

製造所などの位置構造設備の基準〜製造所の位置構造

製造所などの位置構造設備の基準〜製造所の位置構造

製造所などの位置構造設備の基準〜製造所の位置構造
 
1)製造所などはその設備が火災などの事故を発生しやすい性質から、保安距離を保つことが義務付けられている。その距離は建物によって違う。たとえば重要文化財などの、国のかけがえのない財産などからは50メートル以上の距離が必要になる。

たの施設に関しては、―撒鑞僂侶物から10メートル以上、高圧ガス施設からは、20メートル以上小学校、中学校、高校及び病院、映画館などの大勢の人が集まる施設からは、30メートル、て段鵡皸飢誘電線で(7000V〜35000V)の場合、水平距離で3メートル以上、特別高圧架空電線で(35000Vを超える場合)5メートル以上にわかれる。

2)保有空地危険物施設では、火災の際の消火作業に必要な空地を一定以上の指定数量に達する場合も受けなければならない。この空地には箱や自転車などの備品を置くことが禁止されている。 保有空地は、指定数量の倍数が10倍以下の場合3メートル以上 指定数量の倍数が10を超える場合は5メートル

3)不燃材料と耐火構造の違いについて不燃材料とは、火災が発生しても燃えることがない材料です。材質としては、コンクリート、れんが、石綿板、鉄鋼、モルタルそして、アルミニウムです。耐火構造は、火災が発生しても一定時間燃えることなく消防車が到着まで持ちこたえる構造のものです。通常消防車は主要建物などへ、1時間30分以内に到着できる感覚で設置していますので、その時間を連絡から燃えることなく耐える構造の建物です。 【送料無料】うかるぞ乙四危険物取扱者

at 21:32, kohizuka17, 法令のポイント

-, -, - -

危険物施設保安員〜

危険物施設保安員〜

危険物施設保安員〜

1)危険物施設保安員について危険物法令において一定量の危険物を貯蔵取り扱う場合は、危険物施設保安員を選任さることが義務付けられている。この危険物施設保安員については、資格は必要なく、所長村長に届け出なくても良いので、会社内で担当者を決めておけばよい。

2)予防規定について予防規定は、一定数量以上の危険物を取り扱う施設、貯蔵所において事故が発生しないように予防に関するチェック事項が決められている。この予防規定が決定したら、市町村長などに「認可」を受けなければない。

【予防規定の内容】

危険物の保安にかかる作業に従事する者に対する「保安教育」 危険物の保安のために「巡回・点検&検査」 危険物施設の「取扱作業の基準」 危険物施設の「運転&捜査」に関すること。 危険物等の「補修方法」などに関すること。

2)定期点検について製造所などにおいては、危険物施設の貯蔵量、取扱量によって、定期点検を決めておかなければならない。この定期点検は、車の車検に類似しており、一定期間のうちその設備に不備があったり、壁にひびが入るなどを未然に防ぐ意味で義務付けられている。車の点検は、2年に1度ですが、製造所などでは、1年に1回の点検が義務付けられている。そして、定期点検の書類に関しては、過去3年間は、その営業所において保存しなければならない。
 
【送料無料】乙種12356類危険物取扱者模擬テスト

at 21:31, kohizuka17, 法令のポイント

-, -, - -

危険物取扱者2〜危険物統括管理者

危険物取扱者2〜危険物統括管理者

危険物取扱者2〜危険物統括管理者

1) 保安講習について製造所などにおいて危険物の取扱作業に従事している危険物取扱者は、都道府県知事などがおこなう保安に関して講習を3年に1回受講が義づけられている。急に危険物取扱作業に従事することになった場合はその日から1年以内に受講しなければならない。欠格自由について、 都道府県知事から免状返納を命ぜられその日から1年を経過していないもの。 消防法や消防法に基づく命令に違反して罰金以上の刑に処された場合。(交通違反の罰金などは関係ない)

2) 危険物保安監督者危険物法令では、製造所などにおいて一定量の指定数量を超える場合は、安全管理を投下活する役割のものを任命しなければならない。そして、その危険物保安監督者は、製造所などにおいて6カ月以上の実務経験があり乙種または甲種の免許を取得しているものでなければならない。

3) 危険物保管統括管理者この危険物保安統括管理者は、一定量の指定数量以上の場合、トータル的に製造所などの危機管理をする役割として設けられている。この統括管理者は現場ではなくトータル的に管理して保安体制を指揮する役割なので、危険物の資格は特に有しなくても良い。しかし選任解任の場合は市町村長に届け出なければならない。
 
【送料無料】乙種4類危険物取扱者テキスト改訂版

at 21:29, kohizuka17, 法令のポイント

-, -, - -

製造所の区分〜危険物取扱者

製造所の区分〜危険物取扱者

製造所の区分〜危険物取扱者

1)製造所の区分について指定数量以上の危険物を貯蔵したり、取り扱う場合は製造所、貯蔵所、取扱所と3つに区分に分類される。 製造所貯蔵所→屋内貯蔵所、屋外タンク貯蔵所、屋内タンク貯蔵所、地下タンク貯蔵所、簡易タンク貯蔵所、移動タンク貯蔵所、屋外貯蔵所取扱所→給油取扱所、販売取扱所、移送取扱所、一般取扱所
 
2)申請・認可・許可等の手続 この項目は、市町村長等に手続きをする場合取り扱う内容によって依頼が違ってきます。許可、承認、検査、認可、届出に別れますが、危険性が高い度合によって変わってきます。危険性の高さによって、 峙可」である、製造所などの設置、変更。⊂鞠Г任△襦∪渋そ蠅覆匹慍消蔵・仮取扱い、仮使用「検査」完成検査前検査でР弔任△襦∪渋そ蠅覆匹悗陵祝謬定。テ禄个任襦∪渋そ蠅覆匹両渡届出、指定数量の変更、廃止、危険物取扱管理者の選任解任などに別れる。

3) 危険物取扱者免状の区分:危険物取扱者は大きく3つの種類に分かれる。これは、甲種、乙種、丙種である。甲種にかんしては大学の単位などが必要となるが、乙種、丙種はだれでも取ることができる。乙種に関しては、6種に分かれており、その危険物の性質から、「酸化性固体」「可燃性固体」「自然発火性物質及び禁水性物質」「引火性液体」「自己反応性物質」「酸化性液体」に別れる。甲種はすべての取り扱いができ、乙種は各性質に応じて取り扱いでできる。ともに立会人として他の人に取り扱いをさせることができる。ほかにも、丙種は、ガソリン、灯油、軽油、重油、第4石油類、動植物油類のみ自分で取り扱うことが出来る。
 
乙種第4類危険物取扱者スピードテキスト

at 21:35, kohizuka17, 法令のポイント

-, -, - -

危険物について出題箇所

危険物について出題箇所

危険物について出題箇所
 
1) 法令、危険物の定義〜指定数量消防法で、危険性を有する物質のうち、法別表第1の品名を指定している。危険物は、化学的・物理的性質により、第1類から第6類まで6つの性質に分類されており類ごとに便名を指定している。引火性液体とは、1気圧において常温(20度)で液体の状態のものを指す。

2) 指定数量指定数量とは、危険物についてその危険性を勘案して別表第3で定める数量と規定さている。*危険物の政令別表第3において、第4類 特殊引火物〜動植物油類の指定数量を暗記しておく。指定数量の計算は、政令別表第3の指定数量の数字が分母となり、各製造所などの貯蔵量が分子として計算した数となる。

【例】Aガソリンスタンド、200リットル貯蔵している。政令別表3にてガソリンは第1石油類非水溶性に該当しますので、200リットル。 200L/200L=1(指定数量)3) 危険物の法体系危険物の取り扱う指定数量に関してはその取り扱う量によって、法体系が違っていおり、指定数量が、1以上の場合は「消防法」となり1未満の取り扱いの場合は「市町村条例」となる。貯蔵・取り扱いの基準は、指定数量以上の危険物の貯蔵・取扱いは、貯蔵所以外の場所でこれを貯蔵所以外の場所で取り扱ってはならない。
 
【送料無料】わかりやすい!乙種1・2・3・5・6類危険物取扱者試験

at 21:25, kohizuka17, 法令のポイント

-, -, - -

製造所の区分〜危険物取扱者

製造所の区分〜危険物取扱者

製造所の区分〜危険物取扱者
 
1)製造所の区分について指定数量以上の危険物を貯蔵したり、取り扱う場合は製造所、貯蔵所、取扱所と3つに区分に分類される。 製造所貯蔵所→屋内貯蔵所、屋外タンク貯蔵所、屋内タンク貯蔵所、地下タンク貯蔵所、簡易タンク貯蔵所、移動タンク貯蔵所、屋外貯蔵所取扱所→給油取扱所、販売取扱所、移送取扱所、一般取扱所
 
2)申請・認可・許可等の手続 この項目は、市町村長等に手続きをする場合取り扱う内容によって依頼が違ってきます。許可、承認、検査、認可、届出に別れますが、危険性が高い度合によって変わってきます。危険性の高さによって、 峙可」である、製造所などの設置、変更。⊂鞠Г任△襦∪渋そ蠅覆匹慍消蔵・仮取扱い、仮使用「検査」完成検査前検査でР弔任△襦∪渋そ蠅覆匹悗陵祝謬定。テ禄个任襦∪渋そ蠅覆匹両渡届出、指定数量の変更、廃止、危険物取扱管理者の選任解任などに別れる。

3) 危険物取扱者免状の区分:危険物取扱者は大きく3つの種類に分かれる。これは、甲種、乙種、丙種である。甲種にかんしては大学の単位などが必要となるが、乙種、丙種はだれでも取ることができる。乙種に関しては、6種に分かれており、その危険物の性質から、「酸化性固体」「可燃性固体」「自然発火性物質及び禁水性物質」「引火性液体」「自己反応性物質」「酸化性液体」に別れる。甲種はすべての取り扱いができ、乙種は各性質に応じて取り扱いでできる。ともに立会人として他の人に取り扱いをさせることができる。ほかにも、丙種は、ガソリン、灯油、軽油、重油、第4石油類、動植物油類のみ自分で取り扱うことが出来る。
 
乙種第4類危険物取扱者スピードテキスト

at 21:27, kohizuka17, 法令のポイント

-, -, - -