スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

丙種まとめ

丙種まとめ法令まとめ



法令別表1→類ごとに品名を指定(酸化性固体・引火性液体など) 政令別表3→危険性を勘案して定める数量(ガソリン→200L、灯油軽油→1000L重油→2000L) 指定数量計算方法→ Aの貯蔵量/Aの指定数量 許可→設置、製造所などの位置、構造変更 承認→仮貯蔵、仮取扱 認可→予防規定 届出→譲渡、引渡、廃止など 危険物取扱者→都道府県知事に申請 定期点検→1年に1回、資料は3年間保存 保安距離→家10m高圧ガス→20m学校など→30m重要文化財→50m 移送タンク貯蔵所(タンクローリー)タンクALL30000L、間仕切板4000L防波板2000L 給油取扱所→壁2m、間口10m奥行6m 消化設備→1栓2スプリンクラー3消化設備4大型5小型 貯蔵取扱基準→油分離装置に油は随時、くずかすなどは1日1回処理 運搬(軽トラ)混載OKは→火災をふさご〜(2・3・5)燃焼まとめ 燃焼の定義→一般に熱と光を伴う酸化反応を燃焼という 燃焼の三要素 A可燃性物質B酸素供給減(酸素、空気)C熱源(火、ライター、静電気) 消化の3要素A除去B窒息C冷却(D負触媒→ハロゲン消化器など) 個体の燃焼A表面→木炭、コークスB分解→木材、石炭C蒸発→硫黄、ナフタリン 燃焼の難易度  A酸化されやすいB熱伝導が小さいC湿度が低いD可燃性蒸気発生(燃え易い) 引火点→点火したときに火がつく温度 発火点→自ら発火し燃焼を開始する温度 消化器→白は家庭用、黄は油用、青は電気用消化まとめ 第4類の共通する特性→引火性の液体、水より軽い、水に溶けない、静電気が発生 ガソリン 引−40発300燃焼1.4〜7.6オレンジ 灯油 ケロシン 引40発220 軽油 ディーゼル 引45発220 重油 引60〜発250〜 褐色(黒茶) 動植物油 あまに油 引222 やし油234 乾性油(自然発火しやすい) 危険物

at 22:01, kohizuka17, 危険物のまとめ

-, -, - -