スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

危険物取扱者試験に関する Q&A

 

危険物取扱者試験に関する Q&A

 

試験に関しては、消防センターがまとめてくれますが、その中でよくある質問をまとめてみました。

 

 

 

Q1:甲種危険物取扱者試験合格者と乙種(1〜6)を全て合格すると、取り扱える業務範囲は、同じになります。免状では、甲種と乙種1〜6は別の場所の項目になりますが、同じと考えてよいのでしょうか?

A1:これは、取り扱う範囲は同じとなりますが、資格取得を履歴書に書いたりする場合などは別となります。(乙種の場合ちょっと面倒くさいですね)乙種1〜6だと6つ記入しなければなりません。

 

 

 

Q2:居住する場所以外で受験する場合は、どのような手続きが必要でしょうか。

A2:関東エリアや関西エリアなど利便性の関係で、居住する地区の試験場でなく、たの都道府県の方が、受験しやすかったり受験の回数が多かったりします。そんなときは、消防試験研究センターへ申請が必要になります。そんな難しい申請ではありませんので、このパターンは結構多いですね。

 

Q3:たとえば、福岡県で、乙種4類を取得した場合で、他の県で乙種1類を受験する場合、担当の消防センターですが、免除になるのでしょうか?

A1:全国とこでも、管轄が同じなので大丈夫です。受験願書を出すときに、合格書(運転免許と同じ大きさの免状に県は違いますが、合格番号がありその番号で確認できます。県が違っても通常の願書手続きで大丈夫です。

 

Q4:危険物取扱者乙種4類を取得し、空港に勤務しています。灯油のタンクローリーを担当しています。そろそろ3年目ですが、私が実務経験で甲種の危険物取扱者を受験することができますか。

A4:危険物取扱者乙種(1〜6)を合格し2年間の実務経験があれば、甲種の受験可能になるので、3年なら充分ですね。乙種はどの免状でもOKなので、受験できます。

 

at 19:10, kohizuka17, 危険物取扱者乙4とは

-, -, - -

危険物取扱者試験の種類と内容

 

 

危険物取扱者試験の種類と内容

 

 

危険物取扱者になるには国家資格に合格するしかありません。その内容は、当然その職種で利用する危険物の種類で決定します。難易度でわけると、甲種・乙種・丙種に別れます。

試験は消防法に基づく試験で、担当する法人は消防試験研究センターとなります。全国では年間で
2回〜4回程度、需要の多い乙種第4類だけは東京でほぼ毎月行われています。

さすがに首都東京は凄いですね!たとえばどうしても、来月までに必要であれば、東京に受験に行けば良いのです。関東周辺の方はよく東京受験をしているようです。受験地の制限はなく、全国どこで受験しても差し支えありません。

 

甲種試験がもっとも範囲が広く、「危険物に関する法令」、「物理学及び化学」、「危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法」です。

次に難易度が高い乙種試験は、「危険物に関する法令」、「基礎的な物理学及び基礎的な化学」、「危険物の性質、火災予防及び消火の方法」です。物理学が基礎的なと、変わってますので、物理化学がわからない人でも、努力しだいで、独学でも合格できます。

そして、丙種試験は、「危険物に関する法令」、
「燃焼及び消火に関する基礎知識」、「危険物の性質、火災予防及び消火の方法」となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 19:09, kohizuka17, 危険物取扱者乙4とは

-, -, - -

危険物取扱者の業務内容

 

 

危険物取扱者の業務内容

 

危険物取扱者とはどんな資格?

危険物取扱者というとどんな仕事だと思いますか?爆破物処理班?それとも監察官?実はこの危険物取扱者とはちまたの、多くの場所で活躍します。たとえばホテルなども該当します。

ホテルは、暖房などのシステムを一括して館内独自でやっているとこもありますが、そうするとこの施設が必要です。他にも学校でも、大きな施設ですから隔離した場所で、危険物の管理をしていたりするのです。主な危険物は、身近にあるガソリン、灯油など、消防法で指定された「危険物」は、取り扱い方によっては、燃えやすかったり、爆発しやすかったりするのです。

その性質を何も知らずに扱うと、大変危険なことになります。危険物取扱者とはそんな、危険物の性質や消火方法について、事故防止を目的に設けられました。この資格が出来た発端は、新潟の危険物タンクが火災となり数週間火災が続いたことがあり、その原因が人為的なことでした。

その際も莫大な損害が発生しましたが、専門知識を持つ危険物取扱者がいることにより、火災を未然に防ぐ役割があります。あまり知られてない、施設では、印刷工場や化学工場でも、一定量以上の危険物を貯蔵し、または扱う施設場合には、この資格が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 19:08, kohizuka17, 危険物取扱者乙4とは

-, -, - -

危険物取扱者試験乙4て何?

危険物取扱者乙4類とは?

 

危険物取扱者試験は、引火性液体に関する知識になります。就職で役に立つ業務的には、ガソリンスタンドの営業所であれば、この資格を持っている人が2名必要です。他にも空港勤務の方にも大切な資格です。

 

引火性液体にかんする危険物の種類は(特殊引火物・ガソリン・軽油・灯油・動植物油類・アルコ−ル類・重油・ジエチルエーテル・ギアー油・あまに油など)を取り扱うのに必要な資格です。

 

危険物取扱者試験項目は、第一編「物理学と化学の基礎知識」第二編「危険物の性質並びにその火災予防お

 

よび消化の方法」第三篇「危険物に関する法令」の3つのエリアにわかれてお

 

り、各項目の正解率60%以上で合格できます。また、乙4類を取得

 

すると、それ以外の類(1・2・3・5・6類)を受験するとき「物理学と

 

化学の基礎知識」・「危険物に関する法令」の2つの分野が免除さ

 

れます。

危険物取扱者を取得したい方は消防センターで講習会などがあります。

 

at 17:11, kohizuka17, 危険物取扱者乙4とは

comments(0), trackbacks(0), - -

乙種の危険物取扱者が扱える危険物内容

危険物取扱者乙種試験とは?

 

さて、危険物取扱者丙種に合格すると次の危険物取扱者試験は乙種です。一番人気は乙4です。主な仕事はガソリンスタンドなどになります。難易度は約30%くらいですかね。

資格を取得するには、その性質について勉強します。性質とは、たとえばガソリンですと、引火点▲40度・発火点300度・燃焼範囲1.43.7そして、オレンジ色の液体などです。

 

免状の種類 取扱いのできる危険物

乙種第1 塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素塩類などの酸化性固体

乙種第2 硫化りん、赤りん、硫黄、鉄粉、金腐粉、マグネシウムなどの可燃性固体

乙種第3 カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、黄りんなどの自然発火性物質及び禁水性物質

乙種第4 ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類などの引火性液体

乙種第5 有機過酸化物、硝酸エステル類、ニトロ化合物などの自己反応性物質

乙種第6 過塩素酸、過酸化水素、硝酸などの酸化性液体

という内容に別れます。工学部の方など危険物取扱者を取得している人が多いですね。

 

 

 

 

 

at 17:10, kohizuka17, 危険物取扱者乙4とは

comments(0), trackbacks(0), - -

危険物取扱者乙種4類勉強順番

危険物取扱者乙種4類勉強順番

危険物取扱者乙種4類勉強方について、出題の順番に紹介します。まずは、第一編の危険物に関する法令です。

ちなみに国家資格の場合最初にこの法令問題がきます。たとえば、旅行の国家資格では、総合旅行業務取扱主任者がありますが、まず旅行業法令が第一編になります。

内容は、旅行業者を発足させる為に必要な知識です。さて、危険物取扱者乙種4類勉強の場合、危険物施設とは、各製造所の運営をするときどちらに登録し、設備を造るのにはどのような規制があるのかについて学びます。

内容は、危険物の種類の区分からスタートします。危険物定義、各区分された危険物の性質などです。

分類は6つに分かれていて、第一類・酸化性固体、第二類・可燃性固体、第三類・自然発火性物質、第四類・引火性液体、第五類・自己反応性物質、そして第六類・酸化性液体です。この危険物の取扱のためには、どのようなことに気をつけなければいけないかについて学びます。

at 19:13, kohizuka17, 危険物取扱者乙4とは

comments(0), trackbacks(0), - -

危険物取扱者乙種4類勉強方、概要

危険物取扱者乙種4類勉強方、概要

危険物取扱者乙種4類について紹介します。危険物取扱者乙種4類は合格率30%〜35%です。

この資格ですが、元々は民間資格でした、しかし石油コンビナートなどの火災事故があり、その原因が人為的なミスが多く、多くの建物が消失し人命にも関わることで国家資格として、取得させるようになりました。

この資格は年齢・国籍など不問です。主に国内では、石油会社に勤務する方が取得します。ガソリンの給油方法やタンクローリー(移送タンク取扱所)などから安全に引火性液体を取り扱うために必要な知識です。東京では、年間4回行なわれているので、不合格でもすぐに再チャレンジできます。しかし、試験内容は専門知識が必要なので、ガソリンスタンドや空港に勤務され、現場経験があるほうが有利です。

計量法では、キロカロリーやSI単位など物理・化学の知識が必要です。平成18年7月末までに行なわれた消防法などの改正から内容が少し変わりました。対策としては、幅広い消防法などから出題傾向の絞込みがポイントとなります。危険物取扱者乙種4類は出題問題もあまり毎年変化はなく、危険物取扱者乙種4類も問題もでる項目が決まってるので、焦らずに解いていけば必ず合格できます。

at 18:10, kohizuka17, 危険物取扱者乙4とは

comments(0), trackbacks(0), - -

危険物取扱者乙種4類取得の試験内容

危険物取扱者乙種4類試験内容

危険物取扱者乙種4類取得の試験内容ですが、3つのエリアに別れます。


それは、法令・物理化学・消化予防です。

試験は5択で、正解を一つ選ぶ形式です。ですので選ぶ以外の記入はありません。

ですので運のいい方は複数回受験するとラッキー合格もあります。

まったく知識がなくとも、20点は取れることになります(*^_^*)

5択ですから・・・。

さて合格ラインですが、60%です。しかしトータルの60%ではなく、各法令・物理化学・消化の項目ごとに60%です。

具体的には、法令15問、物理化学10問、消化15問です。ですので各エリアごとに法令9問、物理化学6問、消化9問以上取得することが大切です。

ここが難しいとこでトータルで60%というと24問ですが、それだけではなくバランス良く取得することが大切です。

at 17:58, kohizuka17, 危険物取扱者乙4とは

-, -, - -

危険物取扱者乙種4類とは

危険物取扱者乙種4類とは

危険物取扱者乙種4類の試験を取得したい方に詳しく説明するコーナーです。

私は、福岡の専門学校で航空系の重合を担当し、13年間危険物取扱者乙種4類に関して説明して来ました。
 
この資格は、国家資格です。国家資格と言うと医師免許や会計士そして弁護士と同じですが、じつはこの危険物取扱者乙種4類も同じで、持っている人しか取り扱うことができないということがポイントです。 まだまだ就職難は続きますが、有望な資格です。
 
航空会社や通関関係そして、自動車関係に興味がある方はぜひぜひ、取得してください。 そんな目標を持つ方に今回毎年のデーターや危険物取扱者乙種4類取得のポイントについて紹介するコーナーです。

このブログの良い点は、私が現場経験者で毎年学生に国家資格取得の対策をしている点です。 ですので、リアルタイムに取得のコツなど毎年のデーターを紹介できます。
 
最新のデーターで紹介していきますので、これから危険物取扱者乙種4類取得を取得したい方は参考にしていただければ幸いです。

at 17:58, kohizuka17, 危険物取扱者乙4とは

-, -, - -