スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

危険物取扱者2011

今年の危険物取扱者傾向


例年に比べると合格率が少し、低かったようです。これも近年では危険物取扱使者の資格を持っている人が多すぎて、あまり必要性が減ったのかもしれません。

傾向は、消化予防が難しかったようですが、ガゾリン・灯油・経由などの、引火点・発火点・燃焼範囲、そして特徴をしっかりと勉強すれば大丈夫です。

しかし近年は天災も多く、必ず必要な資格ですのでぜひこれからも危険物取扱者取得しておくと将来役に立ちますよ!


at 08:18, kohizuka17, 危険物取扱者乙4勉強

-, -, - -

危険物取扱者乙種4類・過去の事故

 

危険物取扱者乙種4類・過去の事故

 

 

ガルーダ航空墜落事故(福岡空港)

 

福岡空港でガルーダ・インドネシア航空の旅客機が滑走路をオーバーランして炎上、3人が死亡、99人が負傷した。
 周辺の住民を恐怖に陥れただけでなく、「福岡空港の安全」を信じ切っていた市民たちや空港利用者に衝撃が走った。 

 

 

 

中華航空、(那覇空港)交通事故

 

中華航空機・燃料タンク一部を回収

(時事通信)  825() 1658

燃料タンクを切り取るための準備作業をする関係者。中華航空機炎上事故で、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は、燃料タンク周辺の検証を続け、部品の一部を回収し、検証作業はすべて終了した(25日、那覇空港)

中華航空の炎上同型機、点検でナット緩み100か所

 読売新聞

 

 

中華航空、(台北空港)交通事故


 【台北=石井利尚】那覇空港で中華航空120便(ボーイング737―800型機)が爆発炎上した事故で、中華航空(本社・台北)は、同社が保有する同型機13機の緊急点検を行い、8日、その結果を説明した。

 それによると、可動翼(スラット)の支柱の計208か所の点検部分について、米ボーイング社が定める基準よりも、ボルトを締めるナットが緩んでいた部分が100か所見つかった、と公表した。同社は「ナットはすべて締め直して安全上の問題はない」としている

 

 

at 19:07, kohizuka17, 危険物取扱者乙4勉強

-, -, - -

危険物取扱者乙種4類専門用語

 

危険物取扱者乙種4類専門用語

 

 

ボイルの法則

 

一定温度において、気体の体積は圧力に反比例する。

        k(比例定数)    

V(体積)= P(パスカル) 

 

シャルルの法則

 

一定質量の期待の体積は、圧力が一定であると、温度1℃上昇又は下降するごとに、0℃の時の体積の1/273ずつ膨張又は縮小する。

              t1     272+t1     

V1=V+273V0=V0(1+273)=V0( 273 )

 

at 19:06, kohizuka17, 危険物取扱者乙4勉強

-, -, - -

危険物取扱者乙種4類専門用語

 

危険物取扱者乙種4類専門用語

 

 

国際単位(SI

 

力:N(ニュートン)

力のモーメント:N・m(ニュートンメートル)

圧力:Pa(パスカル)

仕事:J(ジュール)

工率:W(ワット)

熱量:J(ジュール)又は、cal(カロリー)

熱伝導率:W/m・℃(ワット毎メートル毎度)

比熱容量:J/kg・℃(ジュール毎キログラム毎度)

 

 

 

at 19:05, kohizuka17, 危険物取扱者乙4勉強

-, -, - -

危険物取扱者乙種4類勉強製造所

危険物取扱者乙種4類勉強製造所

危険物取扱者乙種4類勉強で危険物に関する法令があります。その中で大切な項目で、製造所の種類というのがあります。

これは、危険物を使う製造所などで、使用用途で区分している名前です。まず全体を指す名前で、「製造所等」があります。これを3つの区分に別けて、「製造所」「貯蔵所」「取扱所」となります。まず「製造所」ですが、消費者が利用する製品を作るところです。

たとえば、シャンプーですが、これも危険物製造所になります。シャンプーて危険なのかな?と思われますが、シャンプーには、成分に「アルコール」が入っています。これが引火性液体に該当します。アルコール自体はシャンプーの中には微量しか入っていませんが

、製造所には、タンクの中にまとめて入っています。このタンクに静電気などが引火すると大火災となるのです。

at 20:04, kohizuka17, 危険物取扱者乙4勉強

comments(0), trackbacks(0), - -

危険物取扱者乙種4類勉強消化予防

危険物取扱者乙種4類勉強消化予防

危険物取扱者乙種4類の勉強で第四編は、消火予防です。これは危険物乙種4類の危険物に関する火災をいかに消火するかを勉強します。

油火災の予防で大切なことは、静電気で火事になることです。たとえば巷によくある危険物施設は、ガソリンスタンドです。

ガソリンスタンドでは主にガソリンが利用されますので、静電気が一番危険です。制服も静電気がおこりづらい製法になり、靴も除電靴です。ガソリンスタンドで特に静電気に気をつけていることは、ガソリンホースの出口で、金属ですが、静電気が発生しないようになっています。

車のガソリンを注入するところも静電気が出来ずらい工法になります。ほかにも特徴としては、蒸気が燃焼する引火性液体が多くあり、その蒸気は空気より重いために、床を這って溜まります。たとえばガソリン蒸気は空気の3倍から4倍の重さがあります。

室内で特に火気を使う場合など気をつけましょう。そして、蒸気を吸引しない為には、高いところにいることです。たとえば閉じ込められた場合は、2階もしくは、机の上などの方が安全です。

危険物から火災を防ぐ為には、まず引火性液体の全体的な危険性を理解することが大切です。

at 19:02, kohizuka17, 危険物取扱者乙4勉強

comments(0), trackbacks(0), - -

危険物取扱者試験資格の種類

 

 

危険物取扱者試験資格の種類

 

危険物取扱者と一口にいっても受験するには種類が沢山あります。まずは自分の仕事に役立つ取り扱う危険品目を確認することが大切です。受験資格は特にありませんが、甲種は、大学の科目を勉強など規定があります。そのほかは、性別から国籍まで差別はありません。

 

この資格は、ガソリンスタンドなどで、危険物の性質や消火法、法規制などについての知識を持ち、危険物の貯蔵や取り扱いや、その指示ができる人のことをいいます。

 

製造所など・一般貯蔵所・一般販売所など(移送タンクローリー、運搬、危険物を扱う科学工場など、そしてサービスステーション)で危険物取扱者の法令によると取り扱いを行う場合は、必ず危険物取扱者自身が行うか、危険物取扱者が作業に立ち会うことが原則となります。

 

危険物取扱者の資格種類は、甲種、乙種(1〜6)そして、丙種の3種類に分かれており、甲種は、酸化性液体、可燃性固体、禁水生物質・引火性液体・自己反応性物質・酸化性固体の(第1類〜第6類)すべての険物の取り扱いと立ち会いをすることができます。甲種については大学の科目を取得するなど受験するのに一定の条件があります。

 

乙種は、第1類〜第6類で試験免状を取得している類の危険物の取り扱いと立ち会いをすることができ、受験に関して資格はありません。

 

丙種については、ガソリン・軽油・灯油・重油・ギアー油・動植物油類などで指定された危険物の取り扱いのみができます。そして受験資格はありません。

 

 

at 17:05, kohizuka17, 危険物取扱者乙4勉強

comments(0), trackbacks(0), - -

危険物取扱者乙種4類勉強消化予防

危険物取扱者乙種4類勉強消化予防

危険物取扱者乙種4類の勉強で第四編は、消火予防です。これは危険物乙種4類の危険物に関する火災をいかに消火するかを勉強します。

まず危険物取扱者乙種4類は、主に油が多いです。たとえばガソリンです。ガソリンは水より軽い液体です。ビーカーに水とガソリンを入れると2層に別れます。

上から見ると鏡みたいになります。そのうち上の部分がガソリンです。通常ガソリンの火災に水をかけると水が下に沈み、油が上に浮いた状態になります。

ですので、水で消そうとしても、水が流れてその上に油が浮きながら拡散し、火災が広がってしまうのです。そのため火災に利用する消火機材の中で消火器もちゃんと油火災に使えるか確認しなければなりません。

消火器には、色分けして利用品目が分かります。青のシールがある場合は電気に利用可。黄色のシールがある場合は、油火災。

白のシールがある場合は、通常の火災に利用できます。消火器は、大型消火器と小型消火器があります。設備によって設置しなければいけない消火器が違うので気をつけてください。

at 10:01, kohizuka17, 危険物取扱者乙4勉強

comments(0), trackbacks(0), - -

危険物取扱主任者乙種4類の勉強指定数量

危険物取扱主任者乙種4類の勉強指定数量

 

危険物取扱主任者乙種4類の勉強指定数量について紹介します。この指定数量とは、全国にあるいろんな危険物を取り扱う施設において、危険性の比較をしてその危険度合いに応じて、設備の補強や、管理する人の人数などを決定する数値です。

そのなかで危険物の種類によって酸化性液体〜6種類に別れますが、そのなかでも品名から性質そして、危険等級まで決定し、指定数量が定められています。ですので、その製造所によって取り扱う引火性液体の量がどのくらいあるかによって危険性を決定できます。

たとえば、
A空港があるとします。この航空には、灯油が、100,000L貯蓄してあるとします。その場合灯油の指定数量が決まってあり、1,000Lです。そして計算方法は、100,000L÷1,000L=100(指定数量となります。次に、Bガソリンスタンドで,
10,000Lを貯蔵している場合ですが、ガソリンの指定数量は、200Lなので、10,000L÷200=(指定数量50)になります。

この場合取り扱っている危険物取扱主任者乙種4類の勉強指定数量の引火性液体の種類が違いますが危険性がどちらが高いかというと、
Aの空港になります。

 

at 18:20, kohizuka17, 危険物取扱者乙4勉強

comments(0), trackbacks(0), - -

危険物取扱者試験勉強内容

危険物取扱者試験勉強内容

危険物取扱者試験は、各都道府県により年間受験回数が違います。

東京が一番多く、他の都市になると、年間1回又は、2回くらいです。

試験は、まず危険物取扱者試験では、丙種が第一関門となります。内容は、危険物に関する法令が10問、燃焼及び消火に関する基礎知識が、5問そして、危険物の性質ならびに、その火災予防及び消火の方法、10問です。主にガソリンスタンドや空港で働く危険物が中心となり、引火性液体より、ガソリン、灯油、軽油、重油、潤滑油、動植物油類について、問われます。

内容は、不測の事態である、火災のときにどのような処置をすればよいのかがポイントになります。

ガソリン火災に水で消火できるかなどが、問題の中身です。ためしに水で消すことは出来ると思いますか?正解は「×」です。

これは液比重関係で、丙種の危険物は水より軽い油類なので水で消そうとすると、水が油に沈み、水が床を這う際に水の広がりによって、油についた火が広がってしまい更に、火災領域が増えてしまいます。

at 21:12, kohizuka17, 危険物取扱者乙4勉強

comments(0), trackbacks(0), - -